新書『若者はなぜ3年で辞めるのか?』を読んで

若者はなぜ3年で辞めるのか?

 

 

年功序列制度に違和感を感じていた時、ふと目に入った新書である。

知りたかった内容はともかく、1つなるほどなーと関心した点があったので、

それについて書きたい。

それは若者が3年で仕事を辞める1つの理由だ。

本によれば、「企業側と学生側のギャップ」が理由だという。

バブル崩壊以降企業側にとって、もはや「なんでもやります」的な人間は

あまり必要なくなった。

代わりに必要となったのが、組織のコアあるいは、一定の専門性を持った

人材だ。

そこで学生側もそれに対応し、専門的な能力等を身につけるようになる。

しかし、ここに矛盾が生じているのだ。

表面的に企業は、前述の採用方法も始めているが、

中身は年功序列制度が残ったまま。

これが意味することは、明確なキャリアプランを持った学生が、

入社当初は雑用などの下積みをひたすらやらねばないらないこと。

なるほどなーと思った。

となると、人材を長期間確保したい企業にとっては、

年功序列制は不都合だといえる。

そうすると成果主義の出番だ。

社内制度としては有名な2つの制度だが、

他にはどんな制度があるのだろう。

この疑問は調べる暇があるまでキープしておくか。

 

【特集】わざわざ別に作りました(笑)

「モンスターファーム2」のまとめサイト

「佐倉杏子」のまとめサイト

コメントを残す

サブコンテンツ

Twitter

 

このページの先頭へ