風戸京介という豹変キャラを振り返る 劇場版コナン 瞳の中の暗殺者

風戸京介

風戸京介。歴代の映画コナンで1番好きな悪役キャラクターです。
この前瞳の中の暗殺者を久しぶりに見返して改めて思いました。
初めて映画で見たのは大分昔だったので、記憶も正直うる覚え。
それでも風戸が正体を見せるところ、風戸とコナンの逃走劇など印象的なシーンは数多くありました。そしてもちろんあの場面もです。
噴水が飛び出て蘭が記憶を取り戻すシーン。
あれらののシーンはしっかり頭に残っていました。
あの記憶が戻るシーンはBGMも相まって最高でした。
鳥肌ものです。
最近見返しましたがやっぱりいい!

スポンサードリンク

一線を越えてきた風戸京介

さて、それでは悪役であるにも関わらず、どうして風戸京介はかっこいいのか?
(男の僕から見ても、ヒールとしてイケメンだと思いますよ笑)
僕としてはあの手段を問わない執念深さにその理由があるかなと。

コナンは仮にも子供も見る映画なので、物語をそこまでヘビーに描けないと思うんですよ。
(毎回死人が出ていることは差し置いて(笑))
だからどうしてもここまでという線引きがある。
風戸の場合はその線ギリギリのところ、いやむしろ越えてきたところにキャラとしての魅力が立ったのかもしれません。
蘭を殺すためには他人も殺そうとする。
そしてボートで逃げようがどこまでも追跡してくる笑
銃もボートも扱えたり、信じがたいポテンシャルを秘めている医者ですね。

それにしても、あの一連の追跡は見ていて本当にハラハラしました。
最近のコナンは爆弾やらヘリからの銃撃乱射みたいに、過激なアクションをやればいいだろ風潮で少し飽きていただけに、このアクションバランスが良かったのかもしれません。
(ジェットコースターのレールに飛び乗ったり、ボートでダイブしたりはセーフだよね?笑)
なんというか過激さの問題です笑

話が脱線しましたが、風戸がコナン達を噴水まで追い詰めたシーンで盛り上がりは最高潮。
風戸の後ろの観覧車の点滅がいい味を出していました。
そしてコナンのカウントより湧き上がる噴水。
蘭の記憶が戻ります。
記憶が戻るタイミングといい、戻り方といい演出が素晴らしいですね。
回想するコナン、おっちゃん、園子のシーンも適当だけどなぜか印象的で不思議。
チョイスがうまいなーとしみじみ思います。

最後はあの勝利BGMをバックに、顔へ缶を蹴りつけられる風戸。
コナンも片がついたとナイフを蹴飛ばします。

しかし!

まだ動く風戸!
こんな犯人今までいましたっけ?
ここまで執念深さを見せた風戸にあっぱれです。

最後は覚醒した蘭に勝負をつけられ捕まりましたが、
こんな悪役いいなあとふと思った記事でした。

【特集】わざわざ別に作りました(笑)

「モンスターファーム2」のまとめサイト

「佐倉杏子」のまとめサイト

コメントを残す

サブコンテンツ

Twitter

 

このページの先頭へ